女性

緑内障は放おっておくと危険~早めに治療を済ませよう~

視力をアップさせる治療

男性

目の視力が低下すると、メガネをかけたりコンタクトをつけたりしなくてはなりません。しかし、レーシック治療を受けることで、視力をアップすることができます。治療を受ける時には、レーシック治療の事を知っておく必要があります。

読んでみよう

リスクが少ない方法

看護師

現在では、パソコンや携帯を長時間使用することで、目の視力を低下する人達が増えています。この問題を解決する視力回復方法がレーシック手術であり、昔よりも安全な方法で受けられます。

読んでみよう

眼による病気

女性

飛蚊症は黒い点が見えたり、虫が飛んでいるように見えるなどの症状があります。基本放おっておいても害はありませんが、他の病気によって引き起こされる場合もあるので早めに治療を行うことが必要です。

読んでみよう

危険な病気

看護師

緑内障は、40歳過ぎの人にかかりやすい病気です。緑内障の症状には、初期段階だと視界が少しだけ遮らえるような感じを受けます。これが徐々に悪化すると中期頃には、半分ほど視界が見えなくなり、末期になるとほとんど何も見えない状態になってしまいます。これを放おっておくことで、最終的に物が見えなくなってしまい失明する恐れがあります。緑内障を引き起こす前に体がサインを出している事もあります。そのサインに気づくことにより、早期治療で失明を防ぐことに繋がります。

緑内障になりやすい人の中には、家族の中で緑内障にかかったことがある人や頭痛や低血圧である人など様々なことが挙げられます。他にも、仕事やプライベートなどで長時間パソコンを使用したりして目に負担をかけている人も考えられています。また、大量のアルコールやタバコを摂取する人も注意が必要です。これらに当てはまる人は、目に違和感を感じた場合は直ぐに眼科へ行き検査を行ってもらうことが大切です。

緑内障は、眼科で治療することができます。治療方法には、目薬、内服薬、レーザー治療、切開手術の中から行われます。しっかり、眼科で診察をしてもらい、医師としっかり治療方法について相談して治療を行うようにしましょう。また、治療をする前に問診などで、疑問点を質問することで、治療に対する不安をなくせるでしょう。緑内障を放おっておくと危険なので、早めに完治させておきましょう。